文献に見る角打ち

文献に見る角打ち

酒類小売業免許と角打ち

広辞苑(第七版)では、角打ちとは「酒屋で買った酒をその店内で飲むこと」としている。 ここでの「酒屋」は、現在では一般酒類小売業免許を持って酒を販売している店のことである。 この免許がなくては酒は販売できないのだが、この免許の歴史は意外と新しい。昭和13年に酒税法が改正され、それまでは酒造メーカーに課せられていた酒税が、酒類販売店にも課せられるようになったのである。同時に酒類販売が免許制になり、...
文献に見る角打ち

てっぱつ(角打ちの異名)

日本語大辞典(小学館)には、 「てっぱつ(鉄鉢)」 の本義のほかに方言として「③茶碗酒。コップ酒。千葉県」と記載してある。
角打ち資料集

「角打ち」についての国税庁の「珍弁」

当の国税庁では「コップ酒は飲むために売るのではなくハカリ売りが目的です、売つたあと飲まれるのはご随意ですがねー」と云う珍弁である。 これに対し取締り方面では「店さきにイスを出したりおかんをつけたりすれば料飲とみなします─」ということである